スギ花粉症

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体の中の脂肪の付いている%であり、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight)×100」という計算によって表すことができます。
うつ病は脳の中の神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、強い疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの様々な症状が出現します。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに代わり、平成24年9月より原則無料で受けることのできる定期接種になることによって、小児科などの医療機関で個々に接種してもらう個別接種の形になりますのでご注意ください。
2005年2月1日以降新しく特保(トクホ)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起のキャッチコピーを表示すること食品メーカーに義務付けられた。
急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、一般的には腹痛・悪心・腹下しの症状が出る位で済みますが、細菌性の場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に高い発熱が特徴だといえます。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、四肢がマヒしたり下肢の著しい浮腫などが目立ち、症状が進行すると、深刻な場合、心不全も誘引する可能性があるそうです。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有している精液や血液の他、女性の母乳、腟分泌液といった類の体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分などに接触した場合、HIVに感染する可能性が高くなってくるのです。
アルコールを無毒化するという特徴のあるナイアシンは、不快な二日酔いに極めて効果的です。ゆううつな宿酔の原因である酢酸アルデヒドという物質のクラッキングにも関係しているのです。
ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間で緩衝材みたいな役割をする椎間板という名の柔らかい円形の線維軟骨が飛び出た症例のことを称しているのです。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの研究結果によって、予防接種の効果が見通せるのは、ワクチンを注射した約2週間後から約5カ月間ほどということが判明しました。
子どもの耳管の特徴は、大人に比べると太い上に短めの形で、尚且つほぼ水平になっているため、ばい菌が侵入しやすくなっています。大人より子どもの方がよく急性中耳炎になるのは、これが関わっています。
吐血と喀血、2つとも血を吐くことですが、喀血というものは喉から肺に達している気道(きどう、呼吸器の一つ)から出血する状態で、吐血というものは十二指腸より上部の消化管から血が出る病状を表しています。
男性だけにある前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても大きく関連していますが、前立腺の癌も同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きを受けて大きく成長します。
高齢の方や慢性的な病を患っている人は、殊に肺炎を発症しやすくて治りにくいという傾向があるため、事前の予防や早めの受診が重要だといえます。
めまいは起こらないのに、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の症状のみを何回も発症するケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で呼ぶ場合が多いそうです。

30才から39才の間に更年期になるとしたら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病気にあてはまります(日本の場合は40歳未満の女性が閉経してしまう症状を「早期閉経」と呼ぶのです)。
収縮期血圧140以上の高血圧が長期間継続すると、体中の血管に大きなダメージが与えられ、頭のてっぺんから足の爪先までいろんな血管にトラブルが発生して、合併症を発症してしまう確率が大きくなるのです。
くも膜下出血とは90%弱が脳動脈りゅうという血管にできた不要なこぶが破裂して出血することが理由となって引き起こされてしまう命にかかわる深刻な病気だと多くの人が認識しています。
インキンタムシというのは、正式には股部白癬という病名を持ち、白癬菌というカビが股部、陰嚢、臀部などの部位に何らかの理由で感染し、定着してしまった病気であり即ち水虫のことなのです。
急に発症する急性腸炎は、大半が腹痛・嘔吐・腹下しの症状が出る位で済みますが、細菌感染から来ている場合は凄まじい腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが通例です。
WHO(World Health Organization)は、人体に有害な紫外線A波の度を越した浴び過ぎは皮膚の病気を引き起こす可能性が高いとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用する行動の禁止を世界中に求めている最中です。
いんきんたむしは20代~30代の男の人症例が多く、大抵の場合は股間部にのみ拡大し、激しく運動したり、入浴した後など身体が熱くなった時に激しい掻痒感を引き起こします。
今時のオペ室には、洗面所や器械室(apparatus room )、準備室を設けさせ、手術中に患者を撮影できるX線装置を準備しておくか、そうでなければ近辺にX線装置のための専門室を備えるのが慣例である。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収される行程を助長する機能が特に認知されており、血液中のカルシウム濃度をコントロールして筋肉の働きを操ったり、骨を作ります。
スギの花粉が飛ぶ季節に、小さな子どもが発熱はみられないのに頻繁にクシャミしたりサラサラした水っぱなが止まらないような症状だったなら、その子は『スギ花粉症』の可能性があるかもしれません。
我が国における結核対策は、1951年に誕生した「結核予防法」にならう形でなされてきましたが、2007年から他の数多ある感染症と供に「感染症法」に沿って遂行されることに決定しました。
男性だけにある前立腺という臓器は活動や成長にアンドロゲンがとても密に関係しており、前立腺に出現した癌も同じように、雄性ホルモンの機能によって肥大化します。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素の極めて強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種になります。
クシャミや鼻みず、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の主な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の放出量に追従するかのように悪くなるデータがあるそうです。
UVB波は、UVA波より波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部分が吸収されますが、地表まで達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破損させたりして、皮ふに悪い影響をもたらすことになります。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks