セラピードッグ

アイコンタクトで、高齢者がセラピードッグのことをとても可愛いと思うことによって「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスを軽減したり心のヒーリングなどに繋がっています。
春と秋に患者が増える花粉症とは、多く植えられているスギや檜などの大量に放出される花粉が因子となって、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの多様なアレルギー症状を生ずる病気として日本人に定着しています。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えて能動喫煙・お酒を毎晩飲む事・肥満等のライフスタイルの変化、ストレスなどにより、こと日本人に増加しているという疾患の一種です。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関するその後の追跡調査のデータによると、大人よりも体の小さな子どものほうが風に流されてきた放射能の深刻なダメージをより受けやすいことを痛感します。
頸椎などが痛むヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間でクッションと同様の役目を担っている椎間板(ついかんばん)という名の円形の線維軟骨が飛び出してしまった症状を表しています。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、1週間くらいちゃんと薬を飲めば、原則として9割近くの人の自覚症状は消えますが、さりとて食道の粘膜の炎症反応そのものが治癒したわけではないようです。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を持っていない普通の人にも扱える医療機器で、本体からの音声ガイダンスの通りに処置することで、心臓の心室細動に対する治療の効果を可能にします。
耳鳴りは分類することができて、本人にしか感じられないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者以外の人にも高品質なマイクロホンを使うと感じるという部類の「他覚的耳鳴り」があるそうです。
学校や幼稚園などの大規模な集団行動をする中で、花粉症の為に他の皆と同じようにして楽しく動くことができないのは、患者本人にとっても辛いことです。
下が90以上の高血圧が長い間続くと、身体中の血管に大きなダメージが与えられ、身体中の色んな血管に障害が起こって、合併症を併発する蓋然性が高くなると言われています。
バイ菌やウィルスなどの病気をもたらす病原微生物が肺の中に入り込んで発病し、片方もしくは両方の肺が炎症反応を露呈していることを「肺炎」と称しています。
流感、即ちインフルエンザに対応している予防策や病院での手当など基礎的な措置自体は、それが季節性のインフルエンザであっても新型インフルエンザでも一緒なのです。
スギ花粉が飛ぶ時節に、幼い子どもが発熱はみられないのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした鼻みずが出続けている状態だったなら、残念ながら『スギ花粉症』かもしれないのです。
1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンを分泌するβ細胞が破壊されてしまうことから、膵臓からは血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなってしまって発病する自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
毎日ゴロンと横向きになってテレビ画面を見ていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ヒールの高い靴を毎日履いたりという習慣的なことは身体の左右のバランスを悪化してしまう元凶になります。

ハーバード大学医学校の調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日2杯以上はカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えることで、直腸癌の発症リスクを半分以上も減らせたということが明らかになっている。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有した精液、血液を始め、母乳、腟分泌液といったいたる所の体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口等に触れた場合、HIV感染の可能性が大きくなるのです。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンに2012年9月1日より原則無料で接種することができる定期接種になることによって、病院などの医療機関で接種するというスケジュール管理の必要な個別接種の形になりましたのでご注意ください。
クシャミや鼻水、鼻づまりや目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の辛い症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛び散っている量に比例しているかのように悪化してしまうという特徴があるのです。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢、臀部などにうつってしまい、定着してしまった病気のことで水虫のことなのです。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番症例の多い中耳炎で乳幼児に起こりやすい病気です。強烈な耳の痛みや38度以上の高熱、酷い鼓膜の炎症、耳漏(耳だれ)などのありとあらゆる症状が現れます。
なんとなく「ストレス」は、「消すべき」「除去すべき」と考えがちですが、その実、我々人は大なり小なりのストレスを経験するからこそ、生きていくことが可能になります。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)の血糖値に関与しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまったことにより、あろうことか膵臓から必要量のインスリンが出なくなって発病に至る自己免疫性の糖尿病なのです。
杉の花粉が飛散する頃に、お子さんたちが体温はいつも通りなのにしょっちゅうくしゃみしたり水のような鼻水が出続けているようなケースは、その子は『スギ花粉症』の可能性があるかもしれません。
脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌異常が要因で起こる発疹で、分泌がおかしくなる因子としては生殖ホルモンのバランスの乱れやビタミンBコンプレックスの慢性的な不足などが注目されているのです。
内臓脂肪型の肥満と診断され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2項目以上に合致するような健康状態のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼んでいるのです。
ポリフェノール最大の働きは水溶性のV.C.(ビタミンC)やV.E.などとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化しにくくする作用があるのです。
基礎代謝量(kcal)は睡眠中ではなく覚醒状態で生命活動を保つ(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持等)ために必ず要る理論上の最小限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
普通ならば骨折はしない程度の弱い圧力でも、骨の限られた個所だけに何度も繰り返し連続して力が加わってしまうことにより、骨が折れてしまうことがあるので注意しなければいけません。
下腹の疼痛をもたらす疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、卵管の疾患など、色々な部位の病気が挙げられるでしょう。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks